ホーム » ブログ » 関係団体 » 神奈川県神道青年会 御神田「抜穂祭(ぬいぼさい」

神奈川県神道青年会 御神田「抜穂祭(ぬいぼさい」

投稿日:2015年10月13日(火)


「咳をしても一人」(尾崎放哉)この頃はそんな気分になることが多いです…権禰宜の遠藤です。

さて、去る10月11日(日)午前10時より、神奈川県神道青年会御神田の抜穂祭(ぬいぼさい・ぬきほさい)をご奉仕して参りました。田んぼ
祭壇
神奈川県内の40歳以下の神職の集まりである神奈川県神道青年会の事業として、御神田での稲作を毎年行っております。
田植えや稲刈りの際には子供を中心とした一般参加者も一緒に、稲作を体験します。
前夜からの雨が降りしきる中、祭典の準備を行い午前10時より抜穂祭の奉仕。神奈川県神道青年会古木会長以下20名ほどが参列しました。抜穂祭は、稲刈りに際して行われるお祭りです。
祭典
昨年に引き続き、悪天候により残念ながら稲刈りはできませんでしたが、祭典後は雨も小康状態になったので、懸税(かけちから:刈り取った稲を束にしたもの。穂を下にして掛けておく。その状態で祭典に供することもある)の分を子供たちと一緒に刈取り、束にしていく作業を行いました。
作業風景
この御神田に作付けされている品種は、粳(うるち)米の「イセヒカリ」と古代米の赤米・黒米です。
つくられた懸税・精米されたイセヒカリは県内各社に配布され、新穀感謝の祭典であります11月23日の新嘗祭(にいなめさい)にお供えされます。(当社では10月28日の秋祭りでお供えされます)
皆さん、雨の中お疲れ様でした。
集合写真


白旗神社ホームページへようこそ。当社は古くから藤沢の地に鎮座する古社で、相模國一之宮寒川神社で有名な寒川比古命と歴史上のヒーロー・源義経公をお祀りしています。寒川比古命は厄除け・方位除けの神様として知られます。また武芸、芸能、学問に優れ、才気あふれる源義経公は、学業成就、社運隆昌などのご神徳があります。境内には、悠久の歴史を感じる史跡が多く、四季を感じられる緑豊かな自然もあります。
ぜひ早起きした朝やお休みの日にでも、お気軽に当社にお越しください。皆様のご参拝を心よりお待ちしております。