ホーム » ブログ » 関係団体 » 第17回一都七県神道野球大会

第17回一都七県神道野球大会

投稿日:2013年9月11日(水)


暑さが段々と和らいできて、やっと夜は熟睡できる様になった権禰宜の平野です。
さて、去る9月6日(金)に第17回一都七県神道野球大会が開催され、神奈川チームにて参加してきました。本来であればこの大会は10月に開催されますが、本年は伊勢神宮の御遷宮が10月に予定されている為、少し前倒し開催される運びとなりました。この大会は雨天中止が多く、また天気予報でも曇りもしくは雨との事でしたので「また自分のせいで・・・」なんて考えていましたが、当日は曇り空で気温も上がらず、絶好の野球日和となりました。
対戦表
神奈川チームは約30人もの部員がいる為、監督の名前のイニシャルを取り、チームY・チームKの2チームで参加致しました。
試合風景
私の所属していたチームYは1回戦、群馬チームと対戦しコールド勝ちをしましたが、2回戦の東京チームとは3-3の引き分けの為、最後はじゃんけん勝負となり、最後、私が負けてしまい惜しくも2回戦で散ってしまいましたが、そこからは親善試合が3試合あり、結局、負けは付かなかったものの5位に終わり、神奈川Kチームは決勝戦で東京チームに2-2の引き分けの後、ジャンケン勝負にて惜しくも負けてしまい、準優勝となりました。
1回戦のスコア
懇親会終了後、川崎に鎮座致します、日枝大神社参集殿をお借りし、残念会を開催し、来年の「優勝」を誓い合いました。
この大会は勝負はもちろんですが、関東の神職が集まり、懇親を深める事にも意味があります。初めて会う方でも気軽に話しかける事ができ、「来年も会おう」と約束を致しました。
参加された皆様お疲れ様でした。来年は神奈川チームが優勝出来る様、今から個人練習をします。
閉会式終了後、記念撮影


白旗神社ホームページへようこそ。当社は古くから藤沢の地に鎮座する古社で、相模國一之宮寒川神社で有名な寒川比古命と歴史上のヒーロー・源義経公をお祀りしています。寒川比古命は厄除け・方位除けの神様として知られます。また武芸、芸能、学問に優れ、才気あふれる源義経公は、学業成就、社運隆昌などのご神徳があります。境内には、悠久の歴史を感じる史跡が多く、四季を感じられる緑豊かな自然もあります。
ぜひ早起きした朝やお休みの日にでも、お気軽に当社にお越しください。皆様のご参拝を心よりお待ちしております。