ホーム » ブログ » 手水の作法

手水の作法


【手水について】

神社にお参りする際はまず、「手水舎」(てみずや)で手と口をすすぎます。

昔から清らかな水は穢(けがれ)を流すとされ、手水は禊(みそぎ)を略式化したものともいえます。鳥居をくぐったら手水を行い、心身ともに清々しい状態でご神前へとお進みください。

—————————————-

【手水の作法】

まず、右手で柄杓をとり、水をすくって左手を清めます

次に、柄杓を左手に持ち替え、右手を清めます。

次に、左手に水を受け、口をすすぎます。

次に、再び左手を清めます。

最後に、柄杓を縦に持ち、残った水で柄を洗い流します。


白旗神社ホームページへようこそ。当社は古くから藤沢の地に鎮座する古社で、相模國一之宮寒川神社で有名な寒川比古命と歴史上のヒーロー・源義経公をお祀りしています。寒川比古命は厄除け・方位除けの神様として知られます。また武芸、芸能、学問に優れ、才気あふれる源義経公は、学業成就、社運隆昌などのご神徳があります。境内には、悠久の歴史を感じる史跡が多く、四季を感じられる緑豊かな自然もあります。
ぜひ早起きした朝やお休みの日にでも、お気軽に当社にお越しください。皆様のご参拝を心よりお待ちしております。